「青ネバ〜ドンデン山荘」トレッキングコース

青ネバからドンデン山荘

シラネアオイ街道と呼ばれ、一番人気のルート。
早春から初夏まで花に出会える初心者向け。

* 所要時間はあくまでも参考です。脚力や天候によって異なります。充分余裕をもって登山計画を立ててください。

コースの概要

アオネバ登山口

佐渡のトレッキングルートの中で、最もポピュラーなルートで、両津港からも近く、早春の残雪期、晩春の新緑期、無雪期、それぞれに魅力ある花や楽しみがある。

早春から登山口にはトイレもあるので、用足しはここで済ましておこう。大きな看板の脇から登山は始まる。するとまもなく閉鎖となった旧ルートの川沿いから外れ、ピンクリボンと目印を頼りに、尾根にとりつく。リボンを追いかけていくと、旧道への合流の目印として小さな標柱がある。春は至る所に花が咲き誇り、一方で夏道を雪が覆っているので、ルートから外れやすい。ピンクリボンを見失わないでほしい。

一面にオオイワカガミ

ニリンソウ

ヒトリシズカ

シュンラン

カタクリ

合流してから二度ほど川を渡るとユブと呼ばれる広場がある。20人位までなら休憩できるポイントだ。途中落合という看板を過ぎた所も崩落の危険があるため、バイパスとして階段を設けてあるのでそちらを利用しよう。ユブからいよいよ登りはきつくなるが、春に来れば花たちに励まされる事だろう。ルートの右斜面に青い粘土層が見えてきたら峠はまもなくだ。この粘土層が、青ネバの由来です。青ネバ(青粘)層が多い山なので、地滑りも多く、ルートも変化しやすいので、ピンクリボンは有難い。

バイパスして階段を登る

シラネアオイ街道

ユキワリソウ

雪割草

アオネバ十字路はもうすぐ

アオネバ十字路

峠は芝生の広場だ一服しよう。左の斜面にとりつけば、金北山や石花ルートに行く事になるが、右の林道をドンデン山荘へと進む。緩やかな林道を行くと、車道に出る。ここを右折し道なりに行きゲートの脇から左に上がればドンデン山荘だが、車道を左折し、まもなく行くと右の斜面にドンデン池に行くルートがあるのだが、残雪が多い時は分かりにくいだろう。

道中オオミスミソウから、シラネアオイ、オオイワカガミ、ヤマシャクヤクなど多くの花が咲いているが、『とるのは写真だけ、残すのは足跡だけ、お持ち帰りはゴミと思い出』と皆が気をつければ、10年経っても変わらぬ自然を楽しめるだろう。

 

記号の説明

             

アオネバ登山口周辺でツリフネソウ、キンミズヒキ、ミズヒキが咲き始めました。落合付近の倒木は8月末に処理済み。

 (2017年9月4日 現在) 

登山口へのアクセス

ドンデン縦貫線(梅津~ドンデン~入川)は全線通行可能。

(2017年9月4日 現在)

地図の入手

詳しい地図「平成29年度版トレッキングマップ」を無料でお送りします。佐渡トレッキング協議会までご連絡ください。

このページの先頭へ

トップページへ