入山情報

島だからこそ残された貴重な自然。
もろく壊れやすい生態系を守るために、
ルールを守ってトレッキングをお楽しみください。

身を守るために

近年、遭難事案が増加傾向にあります。佐渡の山は低いとは言え、山は山。海岸線からいきなり急峻な登攀ルートとなる難しい場所もあります。しっかり準備をしてください。

ルートをはずれない

とても島とは思えないほど深い山と谷が広がっています。夏でも天候が急変し遭難する危険があります。くれぐれもルートをはずれないでください。

事前に充分な計画を

体力にあったコースを選び、余裕を持ってトレッキングしてください。残雪やアクセス道路の状況は必ず事前に確認してください。初心者にはガイドの同行をおすすめします。

無理のない行動を

強風や霧の日は登らないでください。また、天候が急変したら引き返す勇気を持ちましょう。

持ち物

雨具、冬手袋、スパッツ、ヘッドランプ、地図、携帯電話、簡易シェルト、携帯カイロ、ライター、ソールの減っていない登山靴(スニーカは厳禁)

携帯電話に頼らない

登山道では携帯電話の電波状態が悪く、使用できない場所も少なくありません。電波は通じないものと覚悟を決めておくことをおすすめします。

トレッキング
ガイド

ご希望の方にトレッキングガイドをご紹介します。

ガイド時間対応人数ガイド人数料金添乗員
1日20名以内1名20,000円あり
1日10名以内1名20,000円なし
半日(4時間以内)10名以内1名10,000円なし

下記は、佐渡トレッキングガイド協議会の参加団体です。佐渡の山歩きについてはもちろん、観光全般についても、お気軽にご相談ください。

登山届

万が一のために、登山届(PDFファイル)の提出をお願いしています。FAXまたは届出ボックスへの投函により届け出てください。

通行届

防衛省管理道路(白雲台〜金北山)を通行される場合は、航空自衛隊佐渡分屯基地への届出が必要です。FAXで防衛省管理道路の通行届(PDFファイル)を提出するか、お電話で航空自衛隊佐渡分屯基地(0259-63-4111)宛に「日程・人数・代表者氏名・代表者電話番号」をお伝えください。

自然を守る
ために

近年、花の天敵は人間であるといっても過言ではありません。写真撮影の「踏み荒らし」や盗掘も確認されています。佐渡島に限らずマナーを守り、環境保護にご協力ください。

やさしい歩き方をする

貴重な植物を踏みつけないように。必要のない場所ではストックを使用しないように。使用する場合は先端にキャップをつけ、地面を掘り起こさないようにしてください。

動植物を採取しない

佐渡は国定公園内の保護地区でもあり、人為的な行為は規制されています。草花や生き物はそっと見守るだけにしてください。盗掘は犯罪です。

ペットは持ち込まない

ペットは植物を踏みつけ、荒らし、マーキングなどのために小便をします。伝染病の原因になったり、ほかのトレッカーの迷惑にもなるので、持ち込まないでください。

ゴミは持ち帰る

紙類やビニールはもちろんのこと、すべてのゴミは必ず持ち帰ってください。残飯も放置しないように。タバコの吸い殻はもってのほか。他人が落としたゴミも拾うように心がけましょう。

トイレは施設を利用するか携帯トイレを使用する

山は貴重な生態系であるとともに、私たち島民にとっては唯一の水源でもあります。トレッカーのし尿は動植物に悪影響を及ぼし、水質を汚染します。トイレの際は施設を利用するか、または携帯トイレの使用をお願いします。携帯トイレは下記の場所で販売していますので、お買い求めのうえ、ぜひご協力ください。(400円程度)

  • 佐渡汽船(ターミナル売店・カーフェリー売店)
  • ドンデン山荘・白雲台(携帯トイレの「回収ボックス」も設置されています)
  • 佐渡観光協会(両津港ターミナル内)

リンク集

佐渡観光協会

トレッキングの足を伸ばしてもう一泊、佐渡を楽しんでいきませんか? 山の情報はもちろんのこと、ガイド・交通機関・旅館・ホテルの手配まで、なんでもお気軽にご相談ください。

佐渡汽船

佐渡島への船旅を支えています。運行ダイヤ・料金・そのほか観光情報も。

新日本航空株式会社

新潟空港〜佐渡空港を約25分で結びます。

新潟交通佐渡株式会社

佐渡島内の観光バス・路線バスを運行しています。

ドンデン山荘

大佐渡山系のトレッキング基地として人気の宿泊施設です。

佐渡市

島内唯一の自治体。観光情報やUターン・Iターン向け空き家情報も。

このページの先頭へ

トップページへ