ブログ(佐渡島の山と花の状況)

山と花の状況をお伝えするブログです。
開花情報、残雪状況、通行止情報などを掲載していますので、
旅の前に、ぜひチェックしてください。

石花登山口トイレ設置のお知らせ

トレッキングシーズンを迎え、皆様に快適な登山を楽しんでいただくため「石花登山口」に簡易水洗トイレを設置しました。このトイレは「エチケットトイレ」として協力金、1回100円をお願いしております。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

「栗ヶ沢登山口~はらい川」花散策日記

昨日の縦走パトロールで疲れ気味だったが、元気いっぱいの家内に誘われ花散策に出かけることにしました。コースは栗ヶ沢~神子岩までとしました。登山口に10時到着、気温はすでに20℃を越え初夏の陽気となりました。登山口周辺はニシキゴロモ・ヒトリシズカ・オオイワカガミ・チゴユリ・シュンランが咲き始めており、早春の花から春の花へと衣替えをしていました。たて池の清水付近ではシラネアオイが咲き始め、更に歩を進め合流点を過ぎるとカタクリが登山道両脇を彩っていました。途中で出会った大阪からのご夫婦は昨年もこの登山道でお会いした方々でした。つかの間の情報交換をし、早春の佐渡の花々が大好きだとおっしゃっておられ私たちもうれしい気持ちになりました。

じゅんさい池を過ぎしばらく行くと残雪が現れ、はらい川では倒木が複数本登山道をふさいでおり、急遽通り抜けできるよう処理をいたしました。思った以上に作業時間がかかったことから今日の花散策はここまでとしました。

今日の栗ヶ沢登山道は時折の風に舞う桜の花びら、タムシバの甘い香り、芽吹き始めた緑でみずみずしさとやさしい気配に包まれていました。

写真撮影:平成30年4月22日(日)

ヒトリシズカ

ニシキゴロモ

咲き始めたばかりのオオイワカガミ

チゴユリも咲き始めました。

シュンラン

雪割草

シラネアオイ

これから楽しめます。

カタクリロードが続きます。

キクザキイチゲとカタクリ

斜面にカタクリとショウジョウバカマ

ザゼンソウ

タムシバ

ヤマザクラ

はらい川付近からの残雪(じゅんさい池とブナ林の中間付近)

通行できるよういたしましたが、十分ご注意ください。近日には整備いたします。

 

ドンデン金北山縦走パトロール報告 -2018-

4月21日(土)、本格的なトレッキングシーズンを迎える前に関係者19名による「ドンデン~金北山」縦走パトロールを行い、倒木処理や登山道整備、ピンクテープ付け、登山者の人数把握のためのカウンター設置等を行いました。今年の縦走路の積雪は、昨年よりも少し多く感じました。例年通りコースの半分位は残雪があり、場所によってはまだまだ多くの残雪があり注意が必要です。コースには目印のピンクテープをつけてありますが、この時期に登山をされる方はガイドや冬山経験者等の同行をお勧めします。本日の天候は晴れ、雪質はゆるみ足がとられます。風強し、気温21℃。

8:15ドンデン出発  佐渡縦貫線足元注意!

8:33 アオネバ十字路、ここより金北山へ

登山道は見えません。ピンクテープを確認ください。

10:08 マトネからドンデン、両津湾を望む

蜀台禿、奥が金北山

足元注意!

小股沢のコルとツンブリ平中間点

11:20 ツンブリ平

11:57 真砂の峰から金北山を望む

振り返りドンデン方向を望む

13:02 天狗の休み場、昼食休憩を終え出発

矢印の方向に進みます。(残雪期ルート)左は「役の行者」残雪期通行不可。

金北山東斜面、先発隊の整備の様子

階段とロープがつけられました。

登りきったら左にお進みください。ひと山越えたら金北山頂が見えます。

横山、栗ヶ沢、沢口へはここより、積雪多く登山道は雪の下です。

金北山頂すぐそこ!

山頂の登山道は残雪が多く通行不可。敷地内をすすみ、通りぬけてください。

金北山神社前より撮影、登山道は残雪多し通行不可。

防衛省管理道路

金北山直下の防衛省管理道路、足元要注意!

交流センター白雲台到着15時50分。作業時間を含め7時間35分、参加者皆様大変お疲れ様でした。

大佐渡スカイライン・ドンデン線開通のお知らせ

冬期閉鎖中の大佐渡スカイラインが4月21日(土)午前9時より通行可能となります。また、佐渡縦貫線の梅津~ドンデン山荘までの間も同日9時より通行可能となります。ただし、夜間(午後5時~午前9時)は路面凍結の恐れがあるため引き続き通行止めとなります。

 

平成30年4月19日ドンデンより撮影(大佐渡山地)

アオネバ登山道 -残雪情報Ⅱ-

アオネバ登山道の残雪はユブを過ぎ標高600m付近から現れ、標高700m~アオネバ十字路(標高約780m)までの間では1.5m~2mはありそうです。また、アオネバ十字路~金北山縦走路入口までの間では2m~3mはありそうです。登山道は雪の下、ルートには目印のピンクテープが付けられていますので確認ください。

写真撮影:平成30年4月19日(木)

標高約600m付近

登山道を振り返る。通過の際は要注意!

登ってきた登山道を振り返る

アオネバ十字路、奥に金北縦走路、左がアオネバ登山道

登山道は見えません。目印のピンクテープを確認ください。

金北山縦走路入口、一週間前と変わらないくらい残っています。

佐渡縦貫線、ドンデン山荘はこの先1.2km

佐渡縦貫線の「ドンデン山荘~金北山縦走路」の間は除雪がされていません。通行の際は十分注意してください。

金北山周辺の残雪

ドンデン側から見た金北山、残雪多し!

このページの先頭へ

トップページへ