ブログ(佐渡島の山と花の状況)

山と花の状況をお伝えするブログです。
開花情報、残雪状況、通行止情報などを掲載していますので、
旅の前に、ぜひチェックしてください。

ヒメフタバランが咲きました!

大佐渡山地にヒメフタバラン(姫二葉蘭)が咲きました。今日は雪が降る中、震えての写真撮影でした。

写真撮影日:令和3年4月9日(金)

ヒメフタバラン

栗ヶ沢登山道 純白のタムシバ満開!

栗ヶ沢登山道のカタクリに圧倒され目線は下向き。少し目線を上げると満開のタムシバが飛び込んでくる。純白の花が咲くと辺りは甘い香りに包まれます。

写真撮影:令和3年4月7日(水)

タムシバ

こんなにたくさんの花をつけたタムシバははじめてかも・・・

 

大佐渡山地 雪割草だより

雪割草は標高約900m付近で咲き始めました。栗ヶ沢登山道の中腹から稜線手前まで見られます。登山口周辺は春の花たちに変わりつつあります。

なお、沢口線の雪割草・カタクリ他はもう少し先になります。ノコギリで処理できない10本程度は避けて通行可能です。(小さいものは処理済)これより処理させていただきます。

写真撮影:令和3年4月8日(水)

雪割草

大佐渡山地 沢口線のミズバショウ咲き始めました。

標高680mの小さな湿地にミズバショウが咲き始めました。標高が高く、雪解けが遅いことから開花が他の場所より遅れていました。周囲は残雪があり、その中にひっそりと咲かせるミズバショウ。お気に入りの場所のひとつです。登山道には、ピンクのリボンを新たに取り付けましたので迷う心配はないかと思います。(お花の開花はもう少し先になります)

 

4月7日夕方、標高の低い別の(登山道)ミズバショウの群生地に花を観に行ったご夫婦が、帰り道が分からなくなり、動けないと110番通報がありました。新潟県警では、ヘリコプターを出動し救助に向かうという事案が発生しました。幸い怪我もなく無事に救助されたと知らせがありました。

「不慣れな方の入山は大変危険です!」ご遠慮いただくか、知識のある方との同行をお願いします。宜しくお願いいたします。

 

写真撮影:令和3年4月7日(水)

神子岩より沢口線へ向かいます。写真手前のエリアです。

残雪は少なめです。

登山道にピンクのリボンをつけました。

この数日で雪解けしそうです。

この先に湿地があります。

残雪とミズバショウ、ひっそりと咲き始めました。

ちいさな湿地です。

小さく愛らしいです。

大佐渡山地 神子岩・天狗岩からの眺望

標高750m付近のブナ林、そして神子岩・天狗岩(標高940m)からの眺めです。今年初の眺めに大満足しました!

【注意】天狗岩から金北山へは、残雪多くアイゼンが必要です!

写真撮影:令和3年4月7日(水)

 

ブナ林が続きます。

カタクリの開花はこれからです。

天狗岩から両津湾を望む

真野湾の望む

妙見山、白雲台方面を望む

神子岩

昨年設置した標柱、栗ヶ沢・横山登山口、沢口登山口分岐点

標高940m、この先より残雪が多くなります。

このページの先頭へ

トップページへ